TOP > ヤマモトのお家日記

ウチのお隣

弊社のお隣には、ウチのお隣バルがオープンしました。

 

「XROSK」

 

27-11-17-2

11:00~14:00(L.O) 17:00~22:00(L.O.22:30)
※12月より営業時間変更の可能性有り

ランチ営業、夜10時以降入店可、日曜営業

 

弊社が仲介させていただき、11月にオープンしました。

 

LUNCHもやってます。

 

お邪魔してみたい~と思っているのですが

 

中々時間が取れず・・・・。

 

夜もとってもいい雰囲気!!(おなかをすかせた家族がいるので立ち寄れず・・・)

 

皆さんもちょっと一杯飲みたいな~なんて時はよってみてくださいね

 

研修~その①~

今日は宅建協会神奈川県支部で研修でした。

 

テーマは、「実例から学ぶ相続対応の基礎

 

税理士の先生が講師です。

 

 

タイムリーにも、テレビ朝日で相続をテーマにしたドラマやってますね!

isansouzoku_logo

 

 

不動産と相続はとても関係が深いものです。

 

ドラマの中の話だと、安心してはいけません。

 

ほとんどといってもいいくらいの人が直面する、「土地と建物の相続」の問題

 

・だれが継ぐのか?

・だれが住むのか?

・だれが面倒を見るのか?

・だれが片付けるのか?

・だれが売るのか?

 

ほおっておくとせっかくの財産がお荷物になってしまう・・・・なんてことも。

 

 

平成27年1月1日より相続税制の改正が行われ

 

基礎控除が

 

3,000万円+600万円×法定相続人

 

となりました。

(前年までは5,000万円+1,000万円×法定相続人)

 

 

控除額が減ったことで、相続税を納めなければならない人たちが増えたわけです。

 

つまり、「何もしない」リスクが高い時代になってきたということ。

 

 

相続が発生してから対応策を決めるのでは遅すぎると言えます。

 

そのため、負担の多い相続には、実は数多くの税額軽減が用意されています。

 

だって、今住んでいるところなのに相続税を納めるために売らなければならないなんて

 

そんなひどい話ありませんよね。

 

 

ただし、その税額軽減を受けるためには条件があります。

 

そのひとつに、「期日までに手続きをきちんと行う」というものがあります。

 

 

相続が発生すると往々にして問題が持ち上がり、誰が何を相続するか中々決まらない・・・・

 

こんな話を聞くことがありますが、これが長引くと、受けられるはずの税額軽減が受けられなくなってしまう!!なんて事態に・・・・・。

 

何年も経ってようやく解決した時には、税額軽減を受けらず高額な相続税が待っているなんてことにもなりかねません。

 

 

 

不動産屋の役割としては、やはり土地に関すること。

 

このままの状態で良いのか?節税するにはどうしたらよいのか?

 

私たちは、不動産に関しては専門ですが、税金、裁判等・・・・

 

他の専門家の相談した方がよさそうだと判断した場合は、もちろんご紹介させていただきます。

 

このブログを読んでいただいた方には、一度相続について真剣に考えていただければ幸いです。

 

 

 

 

一番好きな

少し前ですが、台風で大雨が降った翌日

 

天気はいまいちでしたが

 

お客様と物件めぐりをしてきました。

 

お客様のご希望は、七里ヶ浜から腰越あたり。

 

ご予算に合いそうなものを事前にお渡ししておいて

 

気になるものをピックアップしていただき、現地を見てきました。

 

たぶん、不動産を探してらっしゃる方は、みなさん初めてでわからないことが

 

というか、ほぼわからないことだらけだと思うんです。

 

だって、知ってます?不動産の物件ってどこの不動産屋さんでもほぼ同じものが紹介できるの。

 

知り合いの人から「これってヤマモトさんで紹介できますか?」って聞かれます。

 

もちろん紹介できればしますし、できなければ、できる会社をお勧めしてます。

 

時々「ヤマモトさんで紹介してもらえないなら、違うとこにする」

 

なんて、おしゃっていただけることもあります。

 

 

 

家ほしいなぁーと、漠然と考えていて、予算も理想もよくわからないなんてこともある。

 

でも、「年齢的なこと考えて」とか、「子供が大きくなって家が狭くなって」とか

 

探し始めるのって、そんなことがきっかけだと思うんですよ。

 

不動産屋さんについても、

 

「なんか怖いな~」「しつこい営業されたら嫌だな~」

 

とか色々思うと思うのです。

 

そりゃ、ウチも会社なので営業はしますが・・・・・。むりくり買ってもらおうなんて全然思いません。

 

だって、一生に一度の買い物で後悔してほしくないと思いますもん。

 

あー、いいおうちが建てられたって思ってほしい!

 

そんな単純な思いがあって、その先で、

 

私が、お家を探すもしくは建てるお手伝いができたらいいな。

 

と思っています。

 

前置きが長くなってしまいましたが

 

私はそんなお客様と一緒に

 

物件をめぐる

 

のが、お仕事の中で一番好きです!!

 

 

不動産苦労話prat1

今日は、ヤマモトでのお仕事での苦労話をひとつ。

 

ウチは、小さい会社です。なので必然的に1人の業務量が多くなります。

 

私は、賃貸、売買、ホームページ担当。つまり不動産業全般とIT関係というか機械関係?(パソコンや電話、FAX、プリンターなども私がやっているので・・・)

 

その中で、大変なことの一つ。

 

写真を撮りに行くこと。

 

日々の業務のほかに、物件を回って写真を撮ることが結構大変なんです。

 

お部屋の写真なら、天気が悪くてもどうにかなりますが、

 

やっぱり土地や建物の外観は天気が良い日の方が見栄えが良い

 

と思うのですよ。しかも、日が暮れてきたら写真撮れないし・・・・。

 

なので、晴れた日は、急な仕事がない時は写真!

 

と、自転車で鎌倉を走り回っています。

 

見かけたら手でも振ってやってください。

 

 

もうすぐ秋

ブログの更新さぼっておりました。

 

申し訳ありません。

 

7月8月の猛暑がうそのように、ここ数日涼しい日が続いておりました。

 

どうせまた暑くなるからなぁ・・・・と、薄がけ一枚で寝ておりましたが

 

まんまと風邪を引き、厚い毛布を引っ張り出して寝ております。

 

皆様も夏風邪にはお気を付けください。

 

今日は、ブログ更新をさぼっていた間のぼんぼり祭りの写真をアップしてみますね。

 

bonbori1

 

両側にぼんぼりが飾られています。

地元の方から有名な方まで見ていると面白い。

 

bonbori4

舞殿では、舞が奉納されます。

夕暮れのほの暗い中で見る舞はとても雰囲気がありました。

 

bonbori2

 

こちらは漫画家折原みとさんのぼんぼり

小学校のころ「星の瞳のシルエット」流行ったなぁ。

(歳がばれる・・・・)

 

bonbori3

 

 

こちらは違った意味で目についたほんぼり。

字だけってある意味目立つのね・・・・(笑)

 

毎年ぼんぼり祭りはありますので、来年機会があったら是非見に来てください。

大町まつり

先週末は「大町まつり」でした。

 

  oomatimaturi3

 

 

 

毎年7月第二土曜日から3日間おこなわれました。

 

 八雲神社は鎌倉最古の厄除け神社。

 

大町まつりでは「悪疫退散、招福繁昌」を願って、神霊を奉じた神輿が町内を一巡していきます。

 

日中には地元のかわいい子供たちによる「こども神輿」が行われ、そして夜には大人たちが勇壮に神輿を担いで練り歩きます。

 

その直前まで降っていた雨もやんで

 

お祭り日和!!

 

っていうか、暑すぎる・・・・・。

 

熱中症が心配です・・・・。

 

oomachi-mturi

 

お神輿も立派です。

 

夜には、4基の神輿を大人が担ぎます。

 

oomachi-mturi2

 

 

なかなか迫力があるんです。

 

大町4ツ角で4基の神輿が合体し、天王唄を歌う様子はなかなか圧巻です。

 

(毎年担ぎ手を募集してますのでご興味のある方は是非!)

 

私といえば、友人と語らい、ビールを飲み年に一度の祭りを

 

満喫いたしました^^。

 

 

 

 

鎌倉でシュノーケルできるって知ってました?

鎌倉って海水浴場は有名だけどさ、

海、そんなにキレイじゃないよね??

 

よく、言われます。

 

海が汚いわけじゃないけど、底が砂地なので

波がある日、風のある日は砂が海水中に浮遊して

確かに透明度は低い、というかほぼ無いですよね。

 

 

沖縄みたいじゃない

 

 

でもですね

 

ポイントによってはシュノーケルできるくらい

透明度が高い場所もあるんです

 

 

ということで、行ってきました

シュノーケル

 

snorkel_01

ほら。意外にもキレイでしょ?

 

 

 

snorkel_02

太陽の光がサンサンと海底に降り注いで、なんとも気持ち良い

 

 

 

snorkel_03

熱帯魚的なお魚にも出会いました

 

 

 

snorkel_05

イワシかな??

 

 

小魚ばかりではなく、30cm以上と思われる大きな魚も回遊してます。

水中で見るとずっと大きく見えるので、

突然目の前に現れると、ビクッ!としますw

 

 

意外と知られていない、湘南地区でのシュノーケリング

サーフィンやカヤックとはまた違った

面白さがあります

 

ほぅ~、やってみようかしら?

と思われた方に、少しだけご注意

 

場所によっては離岸流など危険な場所があったり

そもそも、遊泳禁止区域だったりしますので

十分に注意を払い、

釣り人など周囲に迷惑をかけぬよう

海中散歩を楽しんでください!

物件めぐりは雨の日がオススメな3つの理由

梅雨ですね。

梅雨の時期ってイヤですよね。

 

低気圧のせいか、朝起きるのが辛かったり
洗濯物がなかなか乾かなかったり
ジメジメしてるせいで、いまいち髪型も決まらない

 

外を歩くとズボンの裾は濡れちゃうし
靴だって靴下だってびちょびちょ

 

あ~、買い物行きたくないな・・
会社休みて~・・

 

 

そんな憂鬱な気持ちにさせる、雨が多いこの時期

 

実は物件めぐりには最適なシーズンと言っても過言では無いのです

 

 

えっ?えっ?なんで?
晴れてる日が良いんちゃいますの?

 

 

普通はそう思いますよね。

雨の日に物件めぐりをした方が良い3つの理由をご紹介します。

 

1.土地の水はけ状態、近隣から流れ出る水の通り道がわかる

rein_02

 

 

雨が降ると当然、その雨水は地面に吸収されます。

地面がコンクリートで覆われていたり地質が悪い場合、吸収されず水たまりができたり川のような水の通り道ができます。
地質が悪い場合、地中に水分が残りその湿気で建物にカビ発生などの悪影響を与えることもあります。
また、土地の直ぐ裏に山がある場合などは山が十分に水分を蓄える能力を備えているのかを、流れててくる雨水で判断することもできますし、その水が敷地内をどのように流れるのか?を確認できます。

更に擁壁がある場合には変な場所から水が滲み出ていないか?など確認することができますので、その土地の地質を確認する手立てになります。

晴れている日ではなかなかわからない、地質について知ることができる雨の日ってなんて素晴らしいのでしょう!

 

 

2.日照条件がわかる

rein_03

 

 

雨が降っていると当然、日差しがありません。厳密にいえは光量としては、光はあるものの非常に少ない状態です。
建物内の日照条件を知るには、一番最悪な状態の雨の日が最適なんです。
つまり、条件が悪い時でも部屋が明るければ、晴れている日はちゃんと光が届くということです。

 

 

3.雨漏り、ひび割れ、結露など建物の状態がわかる

rein_05

 

中古物件を見るときは、是非押入れから天井裏を覗いてみてください。
湿気やカビ臭い場合には、改善が必要な場合もあります。

また、どこからか雨水が染みこんできたりする場所を発見することもできます。

また床下を覗きこんで、基礎部分を見てみましょう。
ここに水が溜まっている場合、何らかの対策をしないとカビなどの悪影響を受ける可能性があります。

雨の日は、このような症状が顕著に出てきます。

また窓サッシ周辺に結露が発生していないか?などを確かめるにも雨の日は最適です。

 

 

 

以上の理由で、土地、建物のデメリットを見つける事ができる日が、雨の日なのです。

 

もし雨が降ってきたら、長靴履いて物件めぐりに出かけましょう!

 

rain_01

物件をめぐる1日

今週は、懇意にしている建築士さん(アトリエエーワン)と鎌倉・葉山・逗子の物件めぐりをしました。

 

 

bukkennmeguri-1

 

 

弊社でお預かりしている専任媒介のものや、エーワンさんのお客様にご紹介できそうな物件を中心に現地調査です。

(実は、自邸もエーワンさんで建ててもらいました。もう、10年近いお付き合いです)

 

 

 

一緒に物件めぐりをしていて、いつも驚かされるのが、建築士さんの視点。

 

 

そこには不動産業者と全く違ったものがあります。

 

不動産業者は、そこの土地にきちんと家が建つかどうかを前提にみていることが一般的だと思います。

 

例えば、

 

法律的な問題はないか、

設備(上下水道、ガス、電気)はどうなっているか、

接道は問題ないか…等などです。

 

 

ですので、建築コストやどういった方法で建てるか等、建物に対してのイメージは推測ではお話しできますが専門的で掘り下げた提案はできせん。

 

 

しかーし!

 

建築士さんは、

 

この傾斜地の土地ならスキップフロアの建物が有効そうだ、

日はどこから入る、

風はどこから吹いてどう抜ける、

地盤について、

基礎についてなどなど、

 

 

具体的なイメージを話してくれます。

 

 

なるほど!!と、勉強になる1日でした。

 

 

このように、先に自分たちの理想とする家を建ててくれる建築士さんを決めて、それから土地を探すこともできますよね。

 

 

理想の家を、建てる方法は1通りだけではなく、何通りもあります。

 

 

わからないことだらけで当たり前です。

 

是非、お家を建てようと思ったらご相談ください。

 

お目当ての物件がなくても、一緒に探すお手伝いもいたします。

 

 

建築士さんや工務店さんも、ご希望であればご紹介もできます。

(もちろんご自身で見つけるのも大歓迎です)

 

 

 

色々、お話しながら理想のお家(土地)を探しましょう。

 

 

不動産業界の不正疑惑

昨晩「ワールドビジネスサテライト(以下、WBS)」で特集されていました。


WBSでは、いま業界を揺るがしている告発レポートを入手。さらに独自の取材を加えて、大手不動産業者の不正疑惑の真相に迫ります。

 

とあります。

 

 

いわゆる「囲い込み」に関する特集です。

 

 

お客様は「囲い込み」という言葉を聞いてもピンとこないかもしれません。

 

簡単にいえば、自分の会社で買い手を見つけるために、ほかの業者さんから問い合わせがあっても、「契約準備中」などと言って、自社のお客様以外には販売しないことです。

 

 

 

何のためにこんなことをするのか?

 

 

 

売主と買主両方から販売手数料が欲しいからですね。ハイ。

 

 

実際、日々仕事をしているとこういう場面に出くわすことがあります。

(実際に証拠があるのか?といわれると証拠はありませんが…、わかるものです…。

 

 

 

実際、弊社のお客さんの土地を探している時にもありました。

 

その時は、「ウチでは、紹介できないから、興味があるなら直接問い合わせてください」と正直に話しましたよ。

(その方は、結局ヤマモトでご契約いただきました。)

 

 

 

WBSのFacebookページに対して、「不動産会社信じられなくなります・・・・」とコメントがありました。

 

正直、悲しいです。。。

 

 

「囲い込み」を常習としている会社はほんの一握りなんです。きっと。

 

ほんとうにお客さんの事を考えている会社の方が多いはずです。

 

 

 

「何十年もローンを組んで、マイホームを買うのだから後悔はしないでほしい」と思いますし、

 

「思い入れのある自宅を売るのだから、頑張って良い条件で早く売ってあげたい」と思います。

 

 

 

インターネット、店頭、紙媒体、など様々なメディアに広告を掲載し、ほかの不動産会社や土地を探してるお客様に積極的に情報を発信して、そうやって多くの不動産会社は頑張っていると思います。

 

 

 

不動産会社=なんか怪しい・・・

 

 

実際、私もこの仕事をしてなければ知識もなく何も判らなかったと思いまし、

 

不動産さんや=怪しい

 

と思っていたと思います。

 

 

 

だからこそ、自分が不動産を扱う立場になった時に、そう思われないよう誠実でありたいと思うのです。

 

 

 

 

 

 

鎌倉駅から徒歩1分、昭和31年創業の不動産屋さん

KAMAKURA HOME 鎌倉HOME 運営:株式会社ヤマモト
  • 物件探して!条件に適した物件を見つけます
  • 古い家とSTYLEはリノベーション
  • ヤマモトのお家日記